脂肪冷却痩身について

「脂肪を冷凍して破壊する」なんて聞くとちょっとびっくりしますよね。

「切らない脂肪吸引」とも呼ばれている「脂肪冷却痩身」というエステの施術方法の原理は、脂肪と体液の凍る温度差を利用して、脂肪だけをシャーベット状〜固形に固めて自然死させることで、脂肪細胞を減らすという痩身方法です。このようは施術方法をゼルティック治療と呼んでいます。固まるのは脂肪だけなので、危険性は全くなく、痛みもありません。

従来「部分痩せ」というのは、不可能とされてきましたが、狙った場所の脂肪の数を減らすということで、部分痩せダイエットが可能になりました。

ゼルティック治療に使われる美容機器

クールスカルプディング

唯一FDAの承認を取得した医療機器(Drクライオ)を使用した脂肪冷却痩身法です。もともとは、膝の悪い人の負担を減らすために使われていた医療機器で、世界で初めて、そして唯一脂肪減少機器として認可されたシステムです。
※FDA=日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関
デュ・ランタでは、こちらのDrクライオが使われています。

フリーズファット

脂肪の中の中性脂肪田特定の温度で液体から個体に変化する特性を利用して、脂肪部分をアプリケーターで吸引して、脂肪を破壊します。
急伸した脂肪はまず、温めて、血液と脂肪を分離してから脂肪を凍結して、脂肪細胞だけを破壊します。

クイオ

なんだか、Drクライオを意識したようなネイミングですが、全く別物です。
これは、パネル式脂肪冷却痩身機と呼ばれるもので、プレート式のものです。なので、充てるだけで、吸引はしません。
吸引式に比べると脂肪の死滅率は低くなりますので、キャビテーションやラジオ派など、他の施術法と組み合わせて行われる場合が多いようです。

脂肪冷却エステで痩せられる部位

脂肪冷却痩身マシンは、脂肪を吸引して施術します。なので、吸引できる柔らかい部分しか施術できません。
お腹や、脇腹、太もも、二の腕などの部分痩せが可能です。

1か月も待てないという方は、キャビテーションがおすすめ